薬剤師とは?

薬剤師パートの基礎知識「薬剤師の仕事の重要性」

薬剤師パートの基礎知識「薬剤師の仕事の重要性」 薬剤師の仕事は、病院で処方された処方箋をもとに、 薬を用意して患者さんに手渡すことです。 一見簡単なことのように思われるかもしれませんが、 実際はそうでもありません。 薬のことを分かりやすく患者さんに説明する必要がありますし、 何か質問されたらきちんと答えなければなりません。

患者さんの中には処方された薬に疑問を持つ人もいます。 医師には聞くことができなかった疑問点を、薬剤師に 投げかける人もいるのです。 薬剤師は分かる範囲で質問に答えますが、どうしても 医師に確認しなければならないことも出てきます。 その場合は、薬を処方した医師に電話をして、患者さんの疑問や意見を 伝えることになります。

医師も病院で診察をしているわけですから、忙しい中で回答 しなければなりません。その回答で、患者さんが満足しない場合もあるわけです。 薬剤師は、医師と患者さんの板挟みのような状態になることもあります。 どちら側からも文句を言われたりして、辛い気持ちになることも 時にはあるでしょう。でもそれが薬剤師の立場なのですから仕方がありません。

もちろん辛いことばかりではなく、患者さんに感謝されることもあるので 嬉しい気持ちになることもあるでしょう。 多くの人と接する仕事というのは、どうしても楽しい面と 大変な面の両方がありますから、あまり考え過ぎたり落ち込まないことです。

また、処方箋に薬剤師自身が疑問を持つこともあるかもしれません。 処方された薬の種類がおかしいとか、薬の量が通常考えられる量よりも 多かったり少なかったりするなどです。 こんな疑問を感じた時は、やはり処方箋を作成した病院に 問い合わせることになります。

医師や、事務処理の担当者が処方箋を書き間違えることもあるからです。 仕事に関わっているのは人間ですから、どこかに間違いがあることも 一応考えておかなければなりません。 そんな時も、薬剤師がミスを発見することができれば、 患者さんは誤った薬を受け取ることを避けられます。 このように、薬剤師は処方箋の確認を行うという重要な役割も 担っているのです。

漢方薬剤師になるために

漢方薬に興味があったり、これまで漢方薬にお世話になったことがあるので 薬剤師としてもこれらの薬を扱ってみたいと思う人も多いかもしれません。 学校では漢方薬についてまったく勉強しないという所もありますし、 多少触れられる程度であまり深くは学んだことがないという人が 多いのではないでしょうか。

これまであまり漢方薬のことを学んでこなかった場合は、 漢方薬に携わる仕事をすることに不安があるでしょう。 でも漢方薬を専門的に扱う薬局に就職すれば、 そこで実践を積みながら学ぶことができます。 ただし、こうした漢方の薬局は数がとても少ないのです。 ですから就職に苦労するかもしれません。

将来漢方薬局を開きたいという人もいるかもしれませんが、 漢方は保険がきかないので患者さんの数も限られてしまいます。 ですからお店を開いたり経営を続けるのは難しいのです。 それでも漢方薬を必要とする人は大勢いますから、 努力や工夫を重ねて顧客を増やしていくことは可能でしょう。

なお、漢方の道に進む人のために、漢方薬・生薬認定薬剤師という 制度があります。これは薬剤師の試験とは別になりますが、この資格を持っていると 漢方薬局で働きやすくなるでしょう。

漢方薬・生薬認定薬剤師は日本薬剤師研修センターと日本生薬学会が 主催する研修を受けることです。この研修を受けた後、試験に合格すると認定されます。 またこの資格は一定の期間ごとに更新する必要があります。 具体的には3年経過するごとに研修を受けるのです。

大変だなと思われるかもしれませんが、この認定資格を保有しているということは 漢方に関して勉強を続けているということの証明にもなります。 この資格を持っていれば漢方薬を処方する時にも 患者さんに安心してもらえるでしょう。 また西洋薬が合わなかったり、漢方薬を飲みたいと希望する患者さんのために 役に立つことができます。

医薬の世界は進歩が早いので、漢方に限らず勉強を続けることが 望ましいとされています。 漢方薬局は求人が少ないので就職や転職が大変かもしれませんが、 やり甲斐の大きい仕事であると言えるでしょう。